女の人

チャットツールで要望を把握|福利厚生充実化のため比較サイトで探す

社員の命を守るために

オフィス

人は誰でも体調を崩します。それが、業務中であった場合、応急処置をしなければならない場合もあります。そこで、AEDを社内で導入することで社員の方も安心して働くことができることでしょう。

詳細へ

外部に委託する

社内

直営型福利厚生事業には見直しが必要

経営の合理化を進める企業にあっては、社内のあらゆる部門の業務内容を見直し、経費の節減に努める必要があります。それは福利厚生についても同じです。特に高齢化の進行等によって健康保険料や厚生年金保険料などの法定福利費はずっと増加する傾向が続いているので、法定外福利費の削減は重要な課題となります。かつての企業においては、保養所やスポーツ施設などを自ら保有・運営するといった福利厚生事業がポピュラーでした。しかしこうした施設運営は利用者の多寡に関係なく固定費を負担しなければならないため、必ずしも合理的とはいえない面がありました。また、レジャーの多様化によっていつも同じ施設を利用するだけでは飽き足らないという社員気質の変化もあり、見直しの必要が生じるようになりました。

アウトソーシング化で費用と事務負担軽減

こうした福利厚生事業見直しの動きを受けて需要が高まってきたのが、福利厚生代行サービスです。福利厚生代行サービスは、企業からの依頼を受けて社員の余暇活用や健康維持に資するさまざまなメニューを提供する、一種のアウトソーシングサービスです。企業はこれらのサービス事業者と契約することで、社員がその事業者が提携しているホテルやアミューズメント施設などを割引料金で利用できるようになったり、提携医療機関で健康診断を受診したりすることが可能になります。また、慶弔金の支給などの事業を代行させることもできます。福利厚生代行サービスを利用することで、企業は費用の節減と事務の合理化を実現することができます。今後は育児や介護に対するサポートを福利厚生代行に組み込むことで、社員の生活支援に利用するといった活用方法も普及するものと予測されます。

個人が求めている働きやすさ

福利厚生を充実化させれば、働きやすい環境を構築しやすくなります。より、社員が働きやすいと感じられる環境を構築したい場合は、チャットツールを利用して意見を求めてみませんか。チャットツールでは、個人向けのトークルームが作れるので、個人が求めている働きやすさとは何なのかを把握しやすくなります。比較サイトなら、あらゆるツール情報が掲載されています。使いやすいものはどれか、徹底的に比較できるので、導入に役立ちます。

迅速に対応する

計算

冬場になると様々な病気が流行しますが、中でもノロウイルスの感染は近年非常に問題視されています。ノロウイルスは感染力が強く、一度感染すると周りに広がるスピードはかなり早いので、会社などの場合は特に注意しなければいけません。

詳細へ

社員の管理

作業員

経営者にとって重要なのが、社員の管理です。勤怠管理システムを導入して、社員の勤怠を効率的に管理することが重要です。インターネット上で管理するメリットは何か学びましょう。

詳細へ